どうして臭うのか | おりもののニオイが気になったときはしっかりケアしよう

どうして臭うのか

おりものというのは、健康な状態の人でも必ず多少は出ています。しかし、その臭いや色によって何か体に問題が発生していることも考えられます。
正常なおりものというのは、下着に付着すると酸っぱい臭いがします。特に生理前になると臭いが強くなる傾向があります。一般的には透明や乳白色をしていています。ただ、体調によって黄色やピンクに近い色になることもあります。
下着に付着することで臭う事がありますが、基本的には無臭に近いです。
しかし、臭いが強くなった気がする…ということであれば、何かしら対策をする必要があります。おりものの変化によって健康の良し悪しを知ることが出来ます。健康を測るバロメーターとしても重要な役割を担っています。

おりものの臭いというのは、何が原因なのでしょうか?
基本的には無臭に近いので、臭いが気になる…ということはほとんどありません。しかし、雑菌が繁殖することで嫌な臭いを発するようになってしまうのです。
お風呂に入った時、デリケートゾーンをしっかりと石鹸で洗っているのに臭いが落ちない…こうした悩みを抱えていませんか?
しかし、実は体を洗う石鹸でデリケートゾーンを洗うことは間違いなのです。腟内というのは酸性です。しかし、体を洗う石鹸はアルカリ性です。つまり、アルカリ性で洗うことで酸が弱くなってしまい、雑菌が繁殖しやすい環境にしているのです。
ボディーソープで念入りに洗うことは逆効果だったのです。デリケートゾーンを洗う時には、専用の石鹸を使用し、清潔を保つ必要があります。