病気の可能性 | おりもののニオイが気になったときはしっかりケアしよう

病気の可能性

おりものというのは、腟内の健康状態を表しています。そのため、トイレへ行くたびにおりものの状態や臭いをチェックしておくようにしましょう。臭いや状態から分かることは多々あります。おりものから健康状態をチェックすることが出来れば、病気になってしまった場合でもすぐに気づくことが出来て、被害を最小限に抑えることが出来ます。
では、織物の種類と特徴について紹介します。

毎日、おりものの状態を確認して、いつもと違うな、おかしいなというようであれば、すぐに診察を受けるようにしましょう。まずは、簡単にできる自己診断についてお教えします。
■水っぽい
水っぽいおりものが出ている場合には、クラミジアの可能性があります。そのため、性交渉はやめて検査を受けるようにしましょう。クラミジアのまま性交渉をすると、相手にも移ってしまいますし、熱や腹痛に襲われてしまいます。炎症がひどくなれば不妊症になってしまう可能性が出てきます。
■黄緑
黄緑で鼻水のような織物の場合には膣炎の可能性があります。通常でも雑菌が侵入することはありますが、淋菌が侵入してしまうと点滴で治療をしなければなりません。
■腐敗臭
魚が腐ったような臭いがするという場合には、腟内にたくさんの雑菌が繁殖しているか異物が入っている恐れがあります。タンポンやコンドームが残っていないか確認しましょう。
■泡立つ
細かい泡状のおりものが出ているという場合、トリコモナス膣炎の可能性があります。排尿時の痛みや臭いがあります。